Haruka’s Job Interview: A Tale of Triumph and Tenacity

Fluent Fiction – Japanese
www.FluentFiction.org/Japanese
Story Transcript:
Ja: はるかは東京の明るい朝、太陽が新宿のビル群に映えている中、ヒールを鳴らして歩いていました。その日は、大企業のF社での就職面接が控えています。彼女の口には、一晩中煎じたビジネス用語が舞っていました。
En: On a bright morning in Tokyo, far away, the sun was shining on the buildings of Shinjuku as Haruka walked confidently in her heels. She had a job interview scheduled at the major company F Corporation that day. Business jargon she had rehearsed all night danced on her lips.

Ja: 一方、はるかの親友でありルームメイトのゆきは、心配そうに彼女の顔を窺っていました。はるかの慣れないフォーマルな日本語が、ゆきにはやや心配の種となっていました。
En: Meanwhile, Haruka’s best friend and roommate, Yuki, watched her with a concerned expression. Haruka’s unfamiliar use of formal Japanese language was a slight worry for Yuki.

Ja: 「はるか、緊張しすぎないで。自然体でやれば大丈夫だよ。」とゆきは優しく励ましたが、はるかはこう返しました。「大丈夫だよ、ありがとう。神経使ってる分、逆に冴えてる気がするんだ。」
En: “Haruka, don’t be too nervous. Just be yourself, and you’ll be fine,” Yuki gently encouraged her. But Haruka replied, “I’ll be okay, thank you. The more I’m nervous, the sharper I feel.”

Ja: 面接会場で、はるかが初めて見たF社のビルは、まるで空に届きそうなほど巨大でした。心臓がドキドキと高鳴る音だけが耳に響きます。待合室で名前を呼ばれたとき、彼女は深呼吸とともに立ち上がりました。
En: When Haruka saw the towering F Corporation building for the first time at the interview venue, it seemed to reach the sky. Her heart was the only sound she could hear, pounding loudly. When her name was called in the waiting room, she stood up with a deep breath.

Ja: 面接官の前に座ったとき、はるかは緊張からか、「おは、どーも!」と、誤ってインフォーマルな言葉を使ってしまいました。彼女の顔は真っ赤になり、部屋の空気は凍りついてしまいました。
En: Sitting in front of the interviewers, Haruka, perhaps due to nerves, accidentally used an informal greeting, saying, “Oh, hi!” Her face turned red, and the room froze.

Ja: 心の中で「ああ、やってしまった!」と叫びつつも、はるかは「失礼しました。おはようございます」と、すぐさま訂正しました。その誤りを見て、面接官たちは驚いた様子で見つめていましたが、彼女の背筋はすっと伸ばされたままでした。
En: In her mind, she was screaming, “Oh no, I messed up!” However, she quickly corrected herself, saying, “I’m sorry. Good morning.” The interviewers looked surprised at her mistake, but Haruka remained composed.

Ja: その後の面接は、ハプニングから一変、はるかが自己紹介からビジネスアイディアを披露するまで、一度も言葉を間違うことはありませんでした。その説明は、F社のビジョンや将来展望にぴったりとマッチし、面接官たちに新鮮な驚きを与えました。
En: After that initial hiccup, the rest of the interview went smoothly. From introducing herself to presenting her business ideas, Haruka didn’t make a single mistake. Her explanations aligned perfectly with F Corporation’s vision and future plans, leaving the interviewers pleasantly surprised.

Ja: 帰宅した頃、ゆきがスマイルクッキーを焼いて待っていました。「どうだった?」と問うゆきの目には、はるかから何でも聞いていいという約束がありました。
En: Upon returning home, Yuki had baked smiley face cookies waiting for her. “How did it go?” Yuki asked, and Haruka had promised to tell her everything.

Ja: はるかは「最初にちょっとミスったけど、それ以外は上手くいったと思うよ。」と笑いました。その爽やかな笑顔を見てゆきは安心し、「はるかなら大丈夫」と、ほっと胸をなで下ろしました。
En: Haruka laughed and said, “I made a little mistake at the beginning, but otherwise, I think it went well.” Seeing her refreshing smile, Yuki felt relieved, murmuring, “Haruka will be okay,” and breathed a sigh of relief.

Ja: 数日後、はるかはF社から内定の連絡を受け取りました。その日の晩、二人は大量のクッキーと一緒にその喜びを分かち合いました。はるかの最初の失敗が告げた敗北感は、結果的に彼女に冷静さをもたらし、成功へと繋がったのです。優しさを誤りから学び、成長し、プロとしての一歩を踏み出した日となりました。
En: A few days later, Haruka received an official job offer from F Corporation. That evening, the two friends celebrated their joy with a pile of cookies. Haruka’s initial misstep had led to a sense of failure, ultimately bringing her a sense of calmness and paving the way for success. Through kindness, learning from mistakes, growth, she took a step closer towards being a professional.

Vocabulary Words:
はるか : Haruka
ゆき : Yuki
東京 : Tokyo
太陽 : Sun
朝 : Morning
ビル : Building
就職面接 : Job interview
企業 : Company
ビジネス : Business
緊張 : Nervous
フォーマル : Formal
言語 : Language
挨拶 : Greeting
ミス : Mistake
笑顔 : Smile
成功 : Success
友達 : Friend
ルームメイト : Roommate
励ます : Encouraged
面接官 : Interviewers
息 : Breath
冷静 : Calmness
驚いた : Surprised
祝う : Celebrated
敗北 : Failure
優しさ : Kindness
学ぶ : Learning
成長 : Growth
プロ : Professional
ため息 : Sigh