Tokyo’s Heartfelt Tale: The Vending Machine’s Bow

Fluent Fiction – Japanese
www.FluentFiction.org/Japanese
Story Transcript:
Ja: 東京が眠る深夜。衆人環視のない通りでひろしがフワと自動販売機にお辞儀をした。
En: Late at night when Tokyo sleeps. Hiroshi bowed to a vending machine in a deserted street with no onlookers.

Ja: ひろしは、愛すべき奇人で、友達のゆきやそらと一緒に街を彷徨っていました。彼の心は、奇妙な癖が扱い方を教えてくれます——言い寄られる度に何も悪いことをしていない自動販売機にお辞儀してしまう。同じ抱負と仲間想いの彼ら、ゆきとそらは、ひろしが魅力的な部分を理解していました。
En: Hiroshi, a lovable eccentric, wandered the streets with his friends Yuki and Sora. His quirky nature taught him a peculiar habit – every time someone would hit on him, he would bow to the vending machine that had done nothing wrong. United by the same aspirations and camaraderie, Yuki and Sora understood the charming side of Hiroshi.

Ja: 何度もひろしの奇妙な行動を見て、そらはひとつ決意しました。彼はひろしの恥ずかしい癖を治そうと計画を立てます。それはゆきにとっては面白いエンターテインメントだったので、彼女も賛成します。
En: After witnessing Hiroshi’s peculiar behavior multiple times, Sora made a decision. He planned to help Hiroshi overcome his embarrassing habit. Finding it an entertaining challenge, Yuki agreed to partake in the plan.

Ja: 計画の第一歩として、そらとゆきは偽の自動販売機を製作しました。公園に置かれたその偽物の自動販売機は、人間が動けるようになる仕組みになっていました。
En: As a first step of the plan, Sora and Yuki created a fake vending machine. Placed in the park, this fake vending machine was designed to react like a human.

Ja: 翌晩、ひろしはいつものように彷徨い続ける中でその新たな自動販売機を発見します。そして、彼は自動販売機に向かってお辞儀をします。その瞬間、自動販売機が動き出し、素工を返します。ひろしは仰天し、後ずさりました。
En: The next night, Hiroshi stumbled upon this new vending machine during his usual wanderings. He bowed towards the vending machine as usual. At that moment, the vending machine sprang into action and bowed back. Hiroshi was taken aback and stepped back.

Ja: その時、そらとゆきが現れ、謎の自動販売機の正体を明かしました。その仕掛けの説明を聞いたひろしは、友達の良意を理解し、堪えきれずに笑ってしまいました。そして、自分の癖をちゃんと理解し、少しずつ改善しようと決意しました。
En: At that moment, Sora and Yuki appeared, revealing the true identity of the mysterious vending machine. Upon hearing the explanation of the setup, Hiroshi understood his friends’ good intentions and couldn’t help but burst into laughter. He resolved to understand his habit, improve it gradually.

Ja: これ以降、ひろしは人と会うとお辞儀をする癖は治せました。そして、そらやゆきと夜の東京での楽しい日々を送ることができました。その日からひろしのお辞儀は真の人間に向けられ、自動販売機はただの機械として認識されるようになり、東京の夜は以前よりも一段と楽しみに満ちていた。これはひろし、そら、そしてゆきの友情が深まった一ページとなりました。
En: From then on, Hiroshi was able to overcome his habit of bowing to people. He could enjoy fun nights in Tokyo with Sora and Yuki. Hiroshi’s bows were now directed towards real humans, and vending machines were recognized as mere machines. Tokyo nights were filled with even more joy than before. This became a significant chapter in the deepening friendship of Hiroshi, Sora, and Yuki.

Vocabulary Words:
深夜 : late
東京 : Tokyo
眠る : sleeps
ひろし : Hiroshi
お辞儀をした : bowed
自動販売機 : vending machine
衆人環視のない : deserted
通り : street
周囲の人々 : onlookers
愛すべき : lovable
奇人 : eccentric
彷徨った : wandered
友達 : friends
ゆき : Yuki
そら : Sora
奇妙な : quirky
変わった : peculiar
癖 : habit
言い寄られる : hit on
一体となった : United
抱負 : aspirations
仲間想い : camaraderie
理解した : understood
魅力的 : charming
目撃する : witnessing
決意 : decision
克服する : overcome
恥ずかしい : embarrassing
面白い : entertaining
挑戦 : challenge